すそわきがはうつるはデマだけど知っておきたい注意点!急になることもある?

『すそわきがの疑いがある私・・大好きなカレにうつしてしまうのではないかと心配・・・』

『すそわきがのカレ(彼女)とエッチしたら、自分もワキガ臭がする・・・もしかして、うつったのかな!?』

『急にアソコからワキガ臭が・・・もしかして、感染が原因!?』

すそわきがとは「陰部(すそ)」のわきがのことです。

所謂アソコのわきがですが、「すそわきが(わきが)はうつる」と思っている方も意外と多いもの。

 

結論から先にいうと、すそわきがはうつりません

しかし、噂はデマですが知っておいてほしい注意点、また急にすそわきがになる?という噂もあるようなので、合わせて解説していきます。

すそわきがはうつるはデマだけど、知っておきたい注意点!

先ほど冒頭でもお伝えしましたが、すそわきがが「人から人にうつる」ということはありません。

すそわきがは、ウイルスのように感染するものではなく、病気でもありません。

その人が本来持っている「体質」によるものです。

そのため、もしすそわきがである彼(彼女)の肌に接触したからといって、自分がすそわきがになってしまうということはありません。

 

しかし、すそわきが自体はうつるものではなくとも「におい」そのものが、相手にうつってしまうことがありますので注意が必要です。

  1. 肌の接触によりにおいそのものがうつる
  2. タオル、衣類などを一緒にするとにおいがうつる

1、肌の接触によりにおいそのものがうつる

すそわきがとは、本来人間が持っている「アポクリン汗腺(かんせん)」という、汗腺(かんせん)から出る「汗」が原因です。

すそわきがの人は、このアポクリン汗腺(かんせん)が活発で、ここから出る汗が多いため、ツーンとした独特なにおいが発生します。

 

そして、セックスの時は、肌と肌がより密着している状態です。

なおかつ、性的興奮状態になるとアポクリン汗腺(かんせん)が、活発になりやすくなります。

 

そして、自分(もしくは相手)のアポクリン汗腺から出た「汗」が、皮膚に元々存在する「常在菌」らと混ざって、ワキガ臭が発生。

ニオイを含む汗が、相手の肌に直接触れることで、すそわきが臭のニオイそのものが、うつってしまうということがあります。

 

しかし、それは一時的にニオイがついてしまっただけです。

納豆が手についたら、触れた指も納豆臭くなってしまうと思いますが、極端に言えばそれと同じです。

石鹸で洗えば、指についた納豆臭もなくなるように、一時的にすそわきが臭がついたとしても、そもそもワキガ体質でない限り、洗えばニオイは落ちますので、心配はいりません。

2、タオル、衣類などを一緒にするとにおいがうつる

衣類には、その人のにおいが染みつきやすいものです。

すそわきがの人は、ショーツやズボンなどに、においが染みついてしまっている場合があります。

そういったニオイが染みついた衣類、タオルなどと一緒に置いておくと、においがうつってしまうということがあります。

しかし、においがうつってしまっても、洗濯用洗剤できちんと洗えば、においは落ちますので、あまり神経質になる必要はないでしょう。

 

このように、「におい」そのものが一時的にうつってしまったりすることから、「すそわきが(わきが)はうつる」という間違ったデマが流れてしまったと考えられます。

しかし、何度も言うように、すそわきががうつることはありませんので、心配はいりません。

とはいっても、くさい汗が相手につくと不快な思いをさせたり、それこそ「すそわきがをうつされた!?」と誤解をされやすくなるので、すそわきがの可能性がある方は、対策をすることをおすすめします。

すそわきがに急になることもあるって本当!?

『今までは気にならなかったけど、最近急にすそわきが臭がするようになった。・・・』

という方もいるのではないでしょうか。

そのため「感染によるものでは!?」と勘違いしてしまうことも・・・

 

しかし、すそわきがになる方というのは「遺伝的要素」が強いです。

そのため、突然わきが体質になってしまったというよりは、家族や親戚に「わきが体質」の方いて、元々そういう体質であったと言えます。

両親が、両方共わきが体質であれば、遺伝する確率は75%

片方がわきが体質であれば、遺伝する確率は50%と言われています。

すそわきが臭がバレているかも・・・バレないようにするための対処方法

すそわきがは、独特のツーンとした刺激臭があり、ひどい場合は息をするのも辛い・・・ということも。

また自分自身では、

「におっていない」「相手にバレていないだろう」

と思っても、自分のにおいには鼻が慣れやすいため、知らず知らずのうちに、相手に不快な思いをさせていることもあります。

 

実は、私自身もデリケートゾーンから強烈なにおいを発していたのですが、自分のにおいに慣れてしまい、周りにはバレていないと思っていました。

しかし、ある日・・・

「君、犬のションベン臭がするよ」

と会社の上司に、みんなの前で指摘されるほど、実は強烈なにおいがバレていたということがあったのです・・・!

(詳しいストーリーはこちら→「犬のションベンくさい女」と言われて~アソコ臭とわたし~

自分ではバレていない、臭っていないと思っていましたが、鼻が慣れてしまって嗅覚が麻痺していたんですね。

 

人は自分のにおいには鈍感でも、周りのにおいには敏感です。

なおかつ、においがしても、家族でない限りなかなか指摘はしてくれず、自然と避けてしまうという行動をしてしまうものです。

 

しかし、すそわきがだからと落ち込む必要は全くありません。

例えあなたがすそわきがであったとしても、事前にしっかりと対策をすることで、においをバレないようにすることは可能です。

具体的な対策方法としては、以下3つです。

  1. においをきつくする食べ物は控える
  2. アソコを清潔に洗う
  3. すそわきが対策のクリームを使う

1、においをきつくする食べ物は控える

脂っこいものや、肉を中心とした食生活は、すそわきがの原因となる「アポクリン汗腺(かんせん)」を刺激するので、なるべく控えるようにしましょう。

また、にんにく、ニラなど、においが強い食べ物は、より臭いをきつくします。

カレとのお泊り前には、こういったニオイが強いものは、控えるようにしましょう。

肉中心の生活ではなく、体内環境を良くして、内側からキレイにするためにも、味噌汁、納豆、かつおぶしなど、古くから食べられている和食を中心とした食事がおすすめです。

2、アソコを清潔に保つ

デリケートゾーンというのは、ただでさえ、汚れが溜まりやすい場所です。

すそわきがでなくても、雑菌が繁殖しやすいため、誰でもにおいやすくなっています。

すそわきがに加えて、雑菌が繁殖するとにおいがより強烈になるため、まずはデリケートゾーンをしっかりと洗い、清潔に保つように心がけましょう。

しかし、清潔にしたいからといって、ごしごしと洗うのは絶対にNGです。

正しい洗い方をマスターして、きちんと洗うだけでも、随分とニオイ改善につながります。

【図解付き】デリケートゾーンの正しい洗い方を徹底解説!ケア方法の疑問を解決!

3、すそわきが対策のクリームを使う

すそわきがは「アポクリン汗腺(かんせん)」という、汗腺から出る「汗」が原因だとお伝えしましたね。

アポクリン汗腺から出る汗は、粘り気があり、アンモニアや脂質などを含んでいます。

そして、肌に元々存在する「常在菌」などと混ざって、あの独特なニオイを発生させるのです。

つまり、アポクリン汗腺から出る汗を抑え、雑菌の繁殖を防ぐことで、すそわきがのにおいも軽減することができます。

このメカニズムに沿って作られたのが、すそわきが臭対策のためのデオドラントクリームです。

しかし、脇用のデオドラントケア用品を、安易にアソコに使うのは絶対にNGです。

デリケートゾーンというのは、非常にデリケートな場所なので、脇用のデオドラント用品は刺激が強い場合が多く、かぶれやかゆみといった別のトラブルを引き起こします。

繊細な場所だからこそ、デリケートゾーンに使ってもOKなものをしっかりと選んで使うようにしましょう。

まとめ

すそわきがが人から人にうつることはありません。

においそのものが一時的にうつってしまうことがあるので、注意が必要ですが、洗えば落ちるものですので、心配はいりません。

とはいっても一時的にでも、においがうつってしまうと、相手に不快な思いをさせてしまい、もしかしたらそれが原因で嫌われてしまう・・・という可能性もあります。

においというのは、記憶に残りやすく、たった1回でも「くさい!」と思われると、大好きなカレがひいてしまうかも・・・

しかし、きちんと対策をすればニオイがバレるのを防ぐことができます。

ニオイがバレて愛する人が離れてしまうのが嫌だという方は、事前にしっかりと対策をするようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です