デリケートゾーンが臭いのか確認したい!簡単にできる4つのセルフチェック方法!

アサミ
スメ子ちゃん・・・
スメ子
あ、アサミさん、どうしたの?
アサミ
実はね・・・昨日の夜に、旦那から私のデリケートゾーンが「におうよ‥」って指摘されちゃって・・
スメ子
指摘されるとショックよね・・・
アサミ
うん・・・でも、自分ではあんまりわかんなかったんだ・・・
スメ子
自分のニオイってわかんない時あるよね。

私も臭ってないと思ってたけど、周りの人はニオイを感じてたって知った時はショックだったなぁ・・・

アサミ
口臭チェッカーみたいに、アソコ臭チェッカーとかないのかしら
ケイコ先生
残念だけど、まだアソコ臭チェッカーはないわねぇ。
スメ子
あっ!先生こんにちは!先生~口臭をチェックするみたいに、自分のアソコが臭っているか確認したい時ってどうすればいいですか?
アサミ
アソコを指で触って、嗅ぐっていうのでもいいんですか?
ケイコ先生
うん、それでもいいわ。

でも清潔な状態で確認しないと、雑菌が入ったりして余計にニオイを強くするかもしれないから、気をつけないといけないわ。

アサミ
えっ!!それは嫌だわ・・・どう気をつければいいんでしょうか‥?
ケイコ先生
じゃあ、せっかくだから、今日は自分のアソコ臭を確認する方法を教えていくわね!
アサミ
お願いします!!

そのニオイ、デリケートゾーンのニオイかも・・・?

『下半身から、もわっとしたニオイがする・・・』

『アソコからニオイがするような・・・しないような・・・』

 

人間の鼻は慣れやすい傾向にあるため、自分が発しているニオイに、意外と気づきにくいものです。

他人のニオイには気づくけど、自分のニオイには鈍感になってしまう。

それは、口臭や体臭だけでなく、デリケートゾーンにも言えることです。

 

あなたのアソコも知らず知らずのうちに、臭っていて周りの人にクサイと思われているかも!?

今回は、デリケートゾーンを自分で確認する方法について説明していきます。

ニオイを確認する前に・・・鼻をリセットすることから始めよう

まずは、デリケートゾーンのニオイを確認する前に、あなたの鼻をリセットすることから始めましょう。

リセット方法は3つ。

  1. お風呂に入る、シャワーを浴びる
  2. コーヒー豆を嗅ぐ
  3. 漬物を嗅ぐ

1、お風呂に入る、シャワーを浴びる

お風呂に入る、シャワーを浴びることで、水蒸気が発生します。

その水蒸気に包まれることによって嗅覚がすっきりし、気持ちもリフレッシュできますので、よりニオイを確認しやすくなります。

2、コーヒー豆を嗅ぐ

「えっ?何でコーヒー?」

と思った方もいるかもしれませんが、香水売り場にコーヒー豆が置いてあるのを、見たことありませんか。

実は沢山のニオイを嗅ぐと鼻疲労が起こり、ニオイがわからなくなるのを、一旦リセットするためです。

コーヒーのように、ニオイが強いものは、嗅ぎなれたニオイをリセットしてくれる効果がありますので、活用してみましょう。

ケイコ先生
もしコーヒーがない方は、茶葉でもOKよ。

3、漬物を嗅ぐ

香りを楽しむ日本の伝統「香道」では、鼻を休める際に、お漬物をかじっていたそうです。

このことから、漬物は「香物」とも言われるようになりました。

慣れてしまったニオイをリセットするため、漬物を一旦嗅いでみるのもいいでしょう。

ケイコ先生
嗅覚をリセットしたら、さっそく自分のデリケートゾーンのニオイを確認してみましょう。

デリケートゾーンのニオイを自分で確認する4つの方法

ここからは、自分のデリケートゾーンのニオイを確認する方法を紹介していきます。

ケイコ先生
簡単に言うと、アソコに触れてみて臭ってみればいいんだけど、すそわきがなんかはちょっとした特徴があるから、あわせて紹介するわね。
  1. ショーツをビニール袋に入れ、袋のニオイを嗅ぐ。
  2. ガーゼやティッシュを使い確認する
  3. ラップを使って確認する
  4. 下着に黄色いシミがないかチェック

1、ショーツをビニール袋に入れ、袋のニオイを嗅ぐ

お風呂やシャワーを浴びる前に、ショーツをビニール袋に入れて密閉します。

ジップロックなど、密封性があるものがベスト。

お風呂から上がり、鼻がリセットされたら、ビニール袋のニオイを嗅いで、チェックしてみましょう。

2、ガーゼ・ティッシュを使い確認する

まずは、清潔なガーゼやティッシュを用意し、アソコを覆うようにかぶせます。

そのままでもいいですが、取れやすいので、清潔なショーツを履いて1時間ほどキープ。

1時間経過したら、ガーゼやティッシュを外して、ニオイを確認してみてください。

ティッシュやガーゼを使う方法は、ワキガ治療を行うクリニックでも、ニオイをチェックする時に用いられています。

3、ラップを使って確認する

食品を保存するのに使用するラップは、無臭で密着度も高く、汗や皮脂などニオイを発するものを吸収しないため、よりニオイを感じやすくなります。

使い方は簡単。

  1. ラップをアソコをカバーできる程度のサイズにカット
  2. アソコに被せる
  3. そのままでも良いですが、清潔なショーツを履いて、3分ほど待つ

汗が出る方が、すそわきがかどうかもチェックできるので、軽いストレッチなどすると良いでしょう。

非常にモゴモゴして気になるかと思いますが、少しの間我慢。

3分ほど経過したら、ラップをそっと外し、ニオイをチェックしてみましょう。

(ニオイがわからない場合は、時間を伸ばして確認してみましょう)

4、下着に黄色いシミがないかチェック

ワキガの方は、シャツの脇の部分や首の後ろの部分に、黄色いシミができるのが特徴です。

実はデリケートゾーンのワキガ(すそわきが)も同じように、ショーツに黄色いシミができます。

しかし、おりものがショーツについて乾くと黄色くなる場合もあり、判断が難しいことも・・・。

スソワキガの判断基準は他にもありますので、他のチェック項目と照らし合わせて、確認してみましょう。

【すそわきが簡単チェック項目】

・耳垢が湿っている

・両親(家族)がワキガ体質

・脇や乳首など他の部分からもツーンとした臭いがする

・アソコの毛の量が多い

・毛に白い粉が混じっている

ニオイの種類からわかる原因は‥?

デリケートゾーンというのは、そもそもニオイやすい場所です。

そのため、ニオイのレベルは違えど、何かしらのニオイがする人が多いよう。

実際にデリケートゾーンのニオイに悩む女性からは、色んなニオイの例えが挙げられているのを目にします。

正常なニオイから、深刻な病気が潜んでいる可能性があるニオイもありますので、自分のデリケートゾーンからどんなニオイがするのか、当てはめて考えてみましょう。

デリケートゾーンはどんなにおいが普通?病気の可能性がある臭いとは?

デリケートゾーンはどんなにおいが普通?病気の可能性がある臭いとは?

ニオイを感じたら・・・

ニオイチェックをしてみて、明らかにニオイを感じた場合、まずはニオイの原因を正しく知ることが大切です。

デリケートゾーンが臭いからといって、自己流で洗ったり、間違ったケアをすると、余計に臭いをきつくさせてしまう可能性があります。

そのため、まずは「自分のアソコが臭う原因は何なのか?」をしっかりと把握し、それに応じた対策をしていくようにしましょう。

まとめ

アサミ
知らず知らずのうちに、周りの人にニオイで嫌な思いをさせているかもしれないから、自分でチェックしてみるのは大切ですね。
ケイコ先生
そうね。ニオイの種類によって原因や対策も変わってくるから、まずは自分自身のニオイを知ることから始めてみましょうね。

 

・セルフチェックをする前に鼻をリセットすること

・汚れた手でアソコに触れて確認すると、雑菌が入る可能性があるので、清潔な状態で確認すること

自分のニオイには、なかなか気づかないものです。

知らず知らずのうちに、周りにスメルハラスメントをしている場合もありますので、気になる方は確認してみてみましょう。

「犬のションベン臭がする」と、

デリケートゾーンのニオイを指摘された私が、

強烈なニオイをすっきり改善し「アソコ美人」になるまでの

リアルなストーリーを公開中↓

Pietra Schwarzler

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です