デリケートゾーンの臭いに重曹は効果ある?知っておきたいデメリットとは

リオ
スメ子ちゃん、突然だけど、重曹って使ったことある?
スメ子
重曹?お掃除の時、たまに使ったりするけど・・・どうして?
リオ
重曹がデリケートゾーンのニオイ対策になるって友達に聞いたの。

だから使ってみようかなって思っているんだけど、どうかなぁ?

スメ子
確かに重曹って、足のニオイ対策にいいとか、ネットの記事で見かけたことあるわ。

その論理で言うと、デリケートゾーンのニオイにも効果ありそうな気がするね。

リオ
食用なら、デリケートゾーンに使っても大丈夫そうじゃない!?
スメ子
そうねぇ・・・でも一応ケイコ先生に聞いてみましょうよ!
ケイコ先生
お呼びかしら?
スメ子
あ、先生!こんにちは。今回は、デリケートゾーンのニオイ対策に重曹って効果あるのか聞きたいんですけど・・・どうなんでしょうか・・・?
ケイコ先生
原因によっては、効果を発揮できる可能性があるものよ。
リオ
やっぱり!!さっそく使ってみようかなぁ!
ケイコ先生
ちょっと待って!実は大きなデメリットもあるのよ・・・
リオ
えっ!?デメリットって何ですか?
スメ子
私も気になります!!
ケイコ先生
じゃあ今日は、デリケートゾーンのニオイ対策に重曹は効果的なのか?知っておきたいデメリットも一緒に説明していくわね!

重曹はニオイ対策に効果を発揮する万能アイテム

お掃除の定番アイテムともいえる「重曹」

本来人間の体内にもあるものあり、人体にも無害であると言われています。

お掃除以外にも、食用としてお菓子のふくらし粉や、野菜のアク抜きなど、食品添加物としても使われています。

重曹は、お掃除、食用、スキンケア・・・など、あらゆる使い方ができますが、足のニオイ対策など、身体から発するニオイの消臭対策としての使い方もできるものです。

体臭予防としてお風呂に重曹を入れる「重曹風呂」もあり、食用のものであれば、身体にも使うことができます。

重曹はデリケートゾーンの臭いに効果はある?

足のニオイ対策や、体臭予防としても使われることから、デリケートゾーンの臭いにも重曹は効果があるのでは・・・?と思っている方も多いはず。

結論から言うと、ニオイの原因によっては効果を発揮する可能性があります。

リオ
ニオイの原因によるって、どういうことですか・・・?
ケイコ先生
デリケートゾーンが臭う原因は、ひとつだけじゃなくて、あらゆる要因があるの。簡単にまとめると、大きく3つに分けられるわ。
  1. 雑菌の繁殖
  2. すそわきが
  3. 性感染症・婦人病といった病気

この3つの中でも「1.雑菌の繁殖」「2.すそわきが」のニオイに対して、効果を発揮できる可能性があります。

雑菌繁殖が原因で発するニオイ対策

デリケートゾーンのニオイの多くは「雑菌の繁殖」によるもの。

雑菌が繁殖する理由もいくつかあるのですが、その中のひとつとして「汚れ」があげられます。

デリケートゾーンというのは、複雑な形をしているので、毎日きちんと洗っているつもりでも、知らず知らずのうちに汚れが溜まっていることも・・・

汚れが溜まると、それをエサに雑菌が増えていき、雑菌が多くなれば多くなるほど、ニオイもきつくなっていくのです。

そのため「汚れ」を溜めないことも、ニオイ対策につながります。

ケイコ先生
この「汚れ」対策に重曹が役立つのよ。

 

重曹には、お肌の古い角質や汚れ、皮脂を落としてくれる効果が期待できます。

使い方として、手軽でおすすめなのが、重曹をお風呂に入れた「重曹風呂」です。

バスタブに約50gの重曹を入れるだけで、重曹風呂が完成。

お湯に溶けた重曹が、お肌に残った汚れや皮脂などを浮かし、溜まった汚れをすっきりキレイにしてくれる効果が期待できるのです。

スメ子
ニオイの元になる汚れを落とすことで、ニオイ軽減につながるということね!
ケイコ先生
ただし重曹風呂は毎日入ると逆に肌荒れの原因になるから、1週間に1回くらいにして、お風呂上がりは保湿をしましょうね。

すそわきがへのニオイ対策

すそわきがというのは、陰部(すそ)から、ワキガ臭がすること。

ニオイの特徴としては、以下のような例えが挙げられます。

重曹がすそわきがに対し、どのように効果を発揮するのか・・・を説明する前に、すそわきがの仕組みについて簡単に説明します。

まず、人間の汗がでる汗腺には2種類あります。

  • エクリン汗腺
  • アポクリン汗腺

この2種類のうち「アポクリン汗腺」から出る汗が、独特なワキガ臭を発生させる元となるのです。

ここから出る汗が、皮脂、エクリン線からでる汗、皮膚上にいる常在菌と混ざり、分解されることにより、あの独特なワキガ臭が発生するのです。

 

この「アポクリン腺」の量は個人差がありますが、デリケートゾーンに存在しているもの。

そして、アポクリン汗腺から出る汗には「アンモニア」「脂質」「タンパク質」といった成分が含まれています。

アポクリン汗に含まれ、外に出てくる成分は、主に「酸性」の物質です。

それに対し、重曹は「弱アルカリ性」

「酸性」の物質に、重曹の「弱アルカリ性」が作用し、中和されることで、ニオイを軽減してくれる効果が期待できるのです。

こういった重曹が持つ作用は、すそわきがによるデリケートゾーンのニオイ対策に活用できるとも言えます。

スメ子
重曹の効果ってすごいんですね!!
ケイコ先生
そうね。ただ、残念ながらおすすめできるとは言い難いデメリットもあるのよ・・・

重曹をデリケートゾーンに使う場合のデメリット

デリケートゾーンのニオイ対策に効果を発揮してくれそうな重曹ですが、デリケートゾーンへの使用には、知っておきたいデメリットがあります。

理由としては、以下2つのデメリットがあげられます。

1、腟内環境を乱す恐れがある

2、皮膚を傷つける恐れがある

1、腟内環境を乱す恐れがある

女性の腟内は「酸性」に保たれています。

「酸性」に保たれることにより、雑菌の繁殖や細菌の侵入など、腟内環境が悪化するのを防いでくれているのです。

しかし、重曹は「弱アルカリ性」

「酸性」の膣に「弱アルカリ性」の重曹を使うと、元々「酸性」だった腟内が「アルカリ性」に傾き、腟内環境を乱す恐れがあります。

腟内が「酸性」に保たれなければ、これまでブロックされていた雑菌や細菌が侵入しやすくなり、これが原因でニオイや、その他のデリケートゾーンのトラブルを引き起こす可能性があるのです。

一度使ったからといって、腟内環境が乱れるわけではありませんが、女性のデリケートゾーンというのは、非常に繊細な場所。

ちょっとしたことでも、腟内環境は乱れやすいのです。

腟内環境を乱さないためにも、ニオイが気になるからといって、重曹を使って腟内まで洗浄するのは、やめましょう。

2、皮膚を傷つける恐れがある

重曹には研磨作用があります。

そのため、重曹でごしごし肌をこすったりすると、肌を傷つける恐れがあります。

デリケートゾーンというのは、皮膚が薄い場所であり、まぶたよりも薄いと言われています。

皮膚が薄い場所に重曹を使うと、お肌を傷つけ、そこからバイ菌が侵入したり、お肌のトラブルを引き起こします。

こういったデメリットを考えると、デリケートゾーンのニオイ対策として日常的に重曹を使うことは、あまりおすすめできないのです。

 

においが気になる方は、デリケートゾーンを痛めつけない正しい対策をすることが大切です。

間違った対策方法は、においを改善するどころがますます悪化させてしまうため、むやみやたらに自己流でケアするのはやめましょう。

まとめ

 

リオ
食用なら、デリケートゾーンに使っても大丈夫かなって思っていたけど・・・やっぱりやめた方が良さそうですね・・・
ケイコ先生
そうね。アソコはとても繊細な場所だから、日常的にデリケートゾーンのニオイ対策に使うのは、控えた方がいいと思うわ。

 

・重曹はデリケートゾーンのニオイ対策に効果を発揮できる可能性はある

・デメリットを考慮すると、日常的にデリケートゾーンのニオイ対策に使うのはあまりおすすめできない

重曹は、安価で手軽に試せ、なおかつ効果も期待できるものではあります。

しかし、デメリットを考えると、重曹を日常的にデリケートゾーンのニオイ対策に使うのは、おすすめできるものとは言えません。

何かケア用商品を使ってニオイ対策をしたい方は、デリケートゾーン専用のケア用品がありますので、そういったものを上手く活用して対策する方がよいでしょう。

「犬のションベン臭がする」と、

デリケートゾーンのニオイを指摘された私が、

強烈なニオイをすっきり改善し「アソコ美人」になるまでの

リアルなストーリーを公開中↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です